/

映えスポ 掬星台(きくせいだい)

兵庫県神戸市

摩耶山(神戸市灘区)にある展望台。北海道・函館山、長崎県・稲佐山に並び「日本三大夜景」に選ばれた景色は圧巻だ。日が落ちた後、標高690メートルから大阪や神戸の街並みを見下ろせば、無数に広がる星のような明かりが目に飛び込む。夜景を星に見立てて、「手で掬(すく)えるほどの星が広がる」ことが由来とされる。展望台へは「まやビューライン」で上れるが、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言発令中は夜間の運行を取りやめている。(玉岡宏隆)

「NIKKEI関西」インスタグラムでも

https://www.instagram.com/nikkeikansai/?n_cid=SNSIG0

夜の展望台からの景色
「まやビューライン」の星の駅
日中の展望台からの景色

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン