/

この記事は会員限定です

センコーなどトラック運転手の働き方改革 2024年問題で

[有料会員限定]

関西の物流各社が長距離輸送ドライバーの働き方改革を進めている。大手のセンコー(大阪市)は輸送方法の効率化などで労働時間を減らす取り組みを推進。トラックのコンテナ部分を分離して中継地点で交換できる車両を導入し、運転手を「日帰り」させる企業もある。トラック輸送の時間外労働に対する規制が強化される「2024年問題」を見据え、対応を急いでいる。

センコーは3月、大型トラックの後ろにトレーラーを連結して一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン