/

大規模接種、大阪府庁舎に3会場設置 22年1月下旬以降

大阪府は13日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を促進するため、大規模接種会場を府庁舎に3カ所設置すると発表した。大阪府新別館(大阪市中央区)の北館と南館はそれぞれ2022年1月下旬から、残る大阪府咲洲(さきしま)庁舎(同市住之江区)は同年2月上旬から接種を始める計画だ。18歳以上の府民が対象となる。

政府が「2回目接種から原則8カ月以上経過」としている3回目接種の条件の前倒しを見越して準備を進める。3会場では米モデルナ製ワクチンを使用し、合計で1日3200人程度に接種できるとしている。22年7月末まで設置する予定だ。府は同年2~3月に接種希望者数がピークになるとして、4カ所目の大規模会場の設置も検討している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン