/

大阪の中小、SDGs取り組み20.8% 大商調査

大阪商工会議所は13日、中小企業でSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいる企業が20.8%にとどまるという調査結果を発表した。製造業などで取引先企業にもSDGsを求める動きがあり、中小企業でも関心は高まっているが、進め方がわからないという声が多かった。大企業では76.1%が取り組んでいると答えており、企業規模による差が浮き彫りになった。

大商が317社の回答を集計した。SDGsに取り組む上での課題として、中小企業の30%が「取り組み方がわからない」を挙げた。大企業では活動に必要な人員など「マンパワーの不足」を挙げる企業が34.3%と最も多かった。

中小企業のSDGsを支援するため、大商は6月から有料のコンサルティングサービスを始める。企業の新規事業などにSDGsの取り組みを盛り込むため、専門の人材がアドバイスするという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン