/

「大阪いらっしゃい」観光促進策、22年2月末まで延長

大阪府は13日、府民を対象に11月から開始した観光促進策「大阪いらっしゃいキャンペーン2021」の期間を、2022年2月28日まで延長すると発表した。府内の旅行にかかる宿泊料割引は今年12月31日、旅行先の飲食店や観光施設で使えるクーポンの付与は来年1月31日までだったが、利用者が多いため延長した。今月17日から受け付けを開始する。

同キャンペーンでは1人あたりの1泊料金が3000円以上の場合、金額に応じて5000円を上限に最大半額割り引く。府によると12月13日時点での宿泊予約数は17万人で、担当者は「とても好評」という。

一方、利用条件は一部強化された。普段から同居する人と旅行する際、これまでなら誰か一人が宿泊施設へのチェックイン時にワクチン2回の接種歴を提示できれば、割引価格での宿泊が可能だった。だが来年1月以降は全員が新型コロナウイルス検査の陰性結果かワクチン接種済み証を提示する必要がある。

また吉村洋文知事は13日、兵庫県と成長分野などで連携する会議体を設立する方針も示した。大阪府と兵庫県の両知事が会い、関西の成長などについてどう連携できるかを話し合う。第1回会合は年内に開催する方向で調整中だ。同日府庁内で記者団の取材に応じた吉村氏は「具体的な事業部局も入って現実的な施策を実行していくことが重要」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン