/

田辺三菱製薬のALS経口薬、米で承認取得

田辺三菱製薬は13日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の経口治療薬について、米食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。注射剤として販売している治療薬と同一の有効成分を含む経口治療薬となる。注射で投与する場合に比べ、通院や痛みを減らして患者の負担が軽減できる。

経口または胃ろうから服用する。田辺三菱は同治療薬について、国内でも製造販売承認を厚生労働省に申請済み。スイスでも承認申請している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン