/

この記事は会員限定です

日本電産の永守重信氏「EVの次はロボ」 赤字OKK再建へ

[有料会員限定]

日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)が兵庫県伊丹市で1週間おきに訪れる場所がある。2月に子会社化した工作機械のOKKだ。3期連続の最終赤字だった同社を再建するために陣頭指揮を執る。永守氏は「人工知能(AI)の進化で工場は無人化し、産業用ロボットの需要が急増する」と予見する。ロボットの部品や部品を生産する工作機械の事業を伸ばし、日本電産の業績拡大につなげる考えだ。

「会社が変わっていく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン