/

京都銀行・滋賀銀行、英ファンド提案反対 特別配当巡り

京都銀行滋賀銀行は13日、英投資ファンドのシルチェスター・インターナショナル・インベスターズが特別配当の実施を求めたことに対し、反対するとの取締役会の意見をそれぞれ表明した。京都銀は「特別配当は中長期的な企業価値の向上に繫がらない」、滋賀銀は「株主の皆さまの共同利益を毀損する恐れがある」などと理由をコメントした。

シルチェスターは両行に対し、両行が保有株式から受け取る年間配当の100%相当の金額などを株主に特別配当するように求めている。京都銀が保有する株式の時価総額は2022年3月末時点で、京都企業を中心に1兆円以上に上り、年間の配当金は約200億円になるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン