/

この記事は会員限定です

交流戦で輝いた阪神・青柳とオリ杉本 逆襲のキーマンに

[有料会員限定]

プロ野球の日本生命セ・パ交流戦はヤクルトの優勝で12日に幕を閉じ、投手では青柳(阪神)が3勝を挙げて最多勝、打者では杉本(オリックス)が首位打者に輝いた。手の内を知らない相手との対戦を苦にせずタイトルを獲得した手応えをもとに、ともに4位からの巻き返しを狙うチームをけん引できるか。17日に再開するリーグ戦でも、波に乗った投打の柱の活躍に注目だ。

青柳、交流戦は3戦3勝で防御率0.00

青柳は交流...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン