/

米英五輪スタッフ4人逮捕、コカイン使用疑い 警視庁

(更新)

警視庁麻布署は13日までに、コカインを使用したとして、東京五輪のスタッフとして来日していた米国と英国籍で電気技師の男4人を麻薬取締法違反容疑で逮捕した。逮捕は3~5日で、全員容疑を否認している。

署によると、4人は米国籍のブーケ・ダルトン・レイ容疑者(22)=東京都港区芝3=や、英国籍のロックウッド・ベンジャミン・ジョン容疑者(46)=同=ら。逮捕容疑は3~4日ごろ、コカインを使用した疑い。4人は発電機を扱う外資系会社の社員で、五輪会場で使用する発電機のメンテナンスのために2~5月に「特定活動」の資格で来日していた。

東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、逮捕について「仮に法令に反する行為を行ったことが事実だとすると、大会を傷つけるものであり、誠に遺憾」とのコメントを発表した。

組織委はコメントで、4人が大会用仮設電源の設置管理を委託契約している「アグレコ・イベント・サービス・ジャパン」の社員だったと説明。同社に厳重に注意し、再発防止と信頼回復に努めるよう強く求めるとした。日本の法令や大会の新型コロナウイルス対策をまとめた規則集「プレーブック」を守るよう厳しく要請する考えも示した。

4人は2日午後8時ごろから港区六本木のバーで飲酒。退店後にブーケ容疑者が近隣のマンションに侵入し、駆けつけた署員が薬物検査して発覚した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン