/

この記事は会員限定です

関西みらいFG2行、最終利益で明暗 統合シナジーは前進

関西地銀の通知表

[有料会員限定]

2022年3月期の関西主要地銀の決算が出そろった。新型コロナウイルス禍が本格化する前の20年3月期との比較を通じ、資金繰り支援が一巡してポストコロナを見据える各行の現在地を探る。

「コロナやウクライナなど環境変化の激しい1年だったが、成長トレンドを示すことができた」。12日の決算会見で開口一番、関西みらいフィナンシャルグループ(FG)の菅哲哉社長は強調した。22年3月期の連結純利益は前の期比52...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン