/

この記事は会員限定です

万博まで1000日 どうなる会場建設費・機運醸成・跡地

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の開幕まで1000日を切った。運営主体の「日本国際博覧会協会」や国、大阪府・市、企業などは急ピッチで準備を進めるが、今後焦点となるのが上振れの懸念される会場建設費や機運の醸成だ。特に全国の若者の関心をどう引きつけるかは大きな課題。跡地活用も道筋をつける必要がある。

建設費、設計や入札が焦点に

「この3年の準備でかなり具体的なものがみえてきた」――。開幕まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2025年 万博

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン