/

この記事は会員限定です

関西空港、チェックイン前倒し容易に 全国初新システム

[有料会員限定]

関西の3空港を運営する関西エアポートは10月、空港運用データベース(AODB)を国内で初めて関西国際空港に導入する。チェックイン時の手続きや荷物預かり時間の前倒しを可能にしたり、ダイヤが乱れたときでも駐機場をすばやく割り当てて混乱を抑えたりできる。新型コロナウイルス禍からの利用者の回復を見据え、運用効率を高める。

AODBは航空会社とデータなどを共有し、飛行機の運航や空港設備の稼働をリアルタイムで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン