/

この記事は会員限定です

培養肉の懐石や昆虫食、エコで築く新グルメ

[有料会員限定]

「脱炭素」の動きは、工業やエネルギー分野だけにとどまらない。食が看板の大阪を中心に、温暖化を避けるエコな食文化が芽吹く。厄介者の温暖化ガスを出さない未来の美食が、新たな魅力になるかもしれない。

桜の通り抜けで有名な造幣局(大阪市)の近くに、懐石料理の名店・雲鶴がたつ。料理長の島村雅晴氏は2020年、人工培養した鶏やカモの肉を使った料理を作るダイバースファーム(大阪市)を起業した。再生医療スタートア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン