/

東和薬品、山形で後発薬5割増産 530億円投じ24年稼働

後発医薬品大手の東和薬品は12日、山形工場(山形県上山市)に新棟を建設すると発表した。投資額は537億円で、2024年4月の稼働を目指す。同工場での錠剤の生産能力を現在より5割多い年間100億錠に増やす。後発薬は日医工などの品質不正で供給が不足しており、東和薬品は生産能力増強で対応する。

同社が同日発表した21年4~9月期の連結決算は売上高が10%増の822億円、純利益が45%増の92億円だった。

サワイグループホールディングスは売上高にあたる売上収益(国際会計基準)が8%増の973億円、純利益は米国事業が苦戦し13%減の94億円だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン