/

この記事は会員限定です

任天堂創業家、京都の旧本社付近を開発 アート空間など

[有料会員限定]

任天堂創業家の山内家は、旧本社ビル(京都市)周辺で不動産開発を進める。5月までに12カ所、合計約3000平方メートルの土地・建物を取得した。2025年から順次、飲食・イベントスペース、アートギャラリーなどに改装する計画だ。詳細は未定で、創業家の山内万丈氏は「地域住民の方と議論しながら、活性化に貢献していきたい」としている。

下京区の菊浜地区周辺を開発する。4月に開業した旧本社ビルを改装したホテル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン