/

阪急オアシスでAIカート実験 H2O、購入額を自動算出

H2Oは阪急オアシスでAIカートの実験を始める

エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は12日、東芝テックなどと連携し、傘下のスーパーマーケット「阪急オアシス」で人工知能(AI)を導入したカートの実証実験を始めたと発表した。カートと一体になったかごに顧客が商品を入れると、カメラが認識し購入額を自動で算出する。将来はレジを通さずに決済できるようにし、レジの無人化につなげたい考えだ。

H2Oは東芝テックと、東芝テックが出資するニュージーランドのIT(情報技術)企業、イマジャーと契約を結んだ。イマジャーが手掛ける画像認識AIカートを活用し、阪急オアシス中之島店(大阪市北区)で実験を始めた。

実験中は、精算額をレジの店員が読み取り、現金で決済する。H2Oは「将来にはレジ業務の合理化でコスト削減につなげたい。顧客の買い物の手間を減らしたり、購買データを活用して魅力的な店作りもしたい」としている。

商品カートを巡ってはこれまで、顧客自身がカート上の端末でバーコードを読み取らせるなどの取り組みがある。AIカメラが自動で判定する技術の導入は珍しいという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン