/

この記事は会員限定です

ヤンマー、船の燃料電池システムを商用化 23年度に

[有料会員限定]

ヤンマーホールディングス(HD)は13日、2023年度に水素を燃料にした船舶向けの燃料電池システムを商用化すると発表した。タンクに水素を高圧充塡するホースなどを新たにつくり、同社製の既存システムに比べ3倍の圧力で水素を積めるようにした。船舶業界における温暖化ガスの排出規制の強化に対応する。

9月中旬から約1カ月間、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)予定地である人工島・夢洲(ゆめしま、大阪市此花...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン