/

元積水化学社員に有罪判決、中国企業に情報漏洩

大阪地裁

スマートフォンに使われる技術の機密情報を中国企業側に漏らしたとして、不正競争防止法違反罪に問われた積水化学工業の元社員、久保田敬士被告(46)の判決公判が18日、大阪地裁で開かれた。栗原保裁判官は懲役2年、執行猶予4年、罰金100万円(求刑は懲役2年、罰金100万円)の有罪判決を言い渡した。

公判で久保田被告は起訴内容を認めていた。公判で検察側は会社での評価を上げる目的だったなどと動機を指摘。被告人質問で久保田被告は「(見返りに得た中国企業からの情報を基に)担当していたプロジェクトを成功させ、上司を見返したいという気持ちがあった」などと述べていた。

起訴状によると、久保田被告は積水化学に在籍中の2018年8月~19年1月、勤務中に積水化学のサーバーにアクセスして、スマートフォンの液晶画面に使われる「導電性微粒子」という素材に関する情報を入手。中国の通信機器部品メーカーの担当者にメールで送ったとされる。導電性微粒子は積水化学工業が世界でも有数のシェアを持っている。

検察側の冒頭陳述によると、中国企業側はビジネス向けSNS「リンクトイン」で同被告に接触。同被告は積水化学に在籍したまま非常勤顧問に就任する話を持ちかけ、情報を漏らしたとされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン