/

不自由展巡り即時抗告 大阪府立施設、地裁決定に不服

大阪府立労働センター「エル・おおさか」(大阪市)の指定管理者は12日、「表現の不自由展かんさい」の会場利用を認めた大阪地裁の決定を不服として、大阪高裁に即時抗告した。代理人弁護士が明らかにした。関西の市民有志でつくる実行委員会は、予定通り16~18日に開催する方針。

センター側は、抗議が相次ぎ安全確保が難しいとして6月25日に利用許可を取り消した。実行委側は違法と申し立て、地裁は今月9日、取り消し処分の執行を停止し、利用を認める決定をした。

不自由展を巡っては、6月からの東京での展示が街宣車の抗議を受け、会場移転先が確保できないとして延期に。名古屋市施設で7月6日から開かれたが、郵送物から破裂音がした事案を受けて市が8日に臨時休館を発表し、途中で中止に追い込まれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン