/

瀬戸内さん追悼、各地で続く 書店にコーナー・記帳台も

(更新)

作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(99)の訃報を受け、出身地の徳島市などゆかりの地で12日、哀悼の動きが続いた。各地の書店では追悼コーナーを設置。「もっと元気に活躍してほしかった」と面影をしのぶ声が上がった。

瀬戸内さんが名誉館長を務めた徳島市の徳島県立文学書道館は12日に記帳台を設け、手を合わせる人たちの姿が見られた。瀬戸内さんから寄託された資料を展示する記念室は、休館日の15日を除き、記帳台を置く21日まで無料で観覧できる。

約20年前に京都市の自宅「寂庵(じゃくあん)」で瀬戸内さんと会ったことがあるという徳島市の60代の女性公務員は記帳台を訪れ、「とても悲しくて信じられない。話すと、ほっとするような優しい方だった。もっと活躍してほしかった」と悼んだ。

富永正志館長は「100歳の記念展を開く予定だった。気さくで自由奔放に生きてきたイメージそのものだった。多くの人に功績を振り返ってもらえれば」と惜しんだ。

学芸員の竹内紀子さんは11日、「可能性を追求することの大切さを教えてくれた。生き方のお手本としていた明るい女性で、一歩でも近づきたいと思っていた」と目に涙を浮かべた。

東京都中央区の八重洲ブックセンターは12日までに入り口に特設コーナーを作り、「追悼 瀬戸内寂聴さん逝く」と書かれた手作りのポップを囲むように、小説や法話をまとめた本が並べられた。書店スタッフは「高名な作家なのに親しみを感じる方だった。年配の方の関心が高いようで改めて大きさを感じる」と語った。

JR徳島駅前の商業施設内にある紀伊国屋書店徳島店は11日に追悼コーナーを設置。多数の著作が並んだほか、開店記念の際に開かれたサイン会で瀬戸内さんが使った座布団も展示された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン