/

この記事は会員限定です

高齢化、関西スポーツ産業に役割 水野明人・ミズノ社長

関西のミカタ

[有料会員限定]

■関西はスポーツ用品会社の集積地だ。きっかけをつくったのは1906年に大阪で創業したミズノ。4代目の社長を務める水野明人さん(72)は、創業者の祖父・利八さんから特段帝王学を授けられたことはないという。

利八は厳しい人だったが、外では経営者でも家に帰れば普通の祖父。小学生低学年のときには高校野球を見に甲子園球場へ連れていってくれた。4人目の孫ということもあり、「勉強しろ」とあまり言われることもな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン