/

元DeNA石川、アメフトXリーグに挑戦

昨季限りでプロ野球、横浜DeNAベイスターズを退団、引退した石川雄洋(34)がアメリカンフットボールに挑戦する。11日、社会人Xリーグのノジマ相模原ライズへの入団記者会見をオンラインで行い、「まだ体は動く。やることはたくさんあるが、一歩ずつ取り組んでいきたい」と語った。

横浜高時代にアメフト部員の同級生を通じて興味を抱き、DeNA在籍時に米国で自主トレを行った際に米プロリーグNFLの選手を目にして関心が高まり、観戦するようになったという。いまは「当たり負けしない体をつくるため筋肉で体重を増やそう」と取り組んでいる。「野球とは使う筋肉も動き方も違う。チームの中で基礎練習からやっていく」と今後の見通しを語った。

チームでは183㌢の身長と走力を生かせるWRでの起用を想定。石井光暢ゼネラルマネージャーは「最高峰のプロリーグで16年生き抜いてきたプロ意識をチームに植え付けてほしい」と期待。石川も「Xリーグが少しでも注目されたらうれしいし、神奈川のスポーツ発展につながってくれれば」と抱負を口にした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン