/

この記事は会員限定です

京都銀行、支店の上層階にホテル 賃料収入で店舗網維持

[有料会員限定]

京都銀行は14日、河原町支店(京都市)を改装オープンした。10階建ての複合ビルを建設し、2階に支店を構え、3階以上はホテル、1階にはコンビニエンスストアが入る。銀行の来店客が10年で3割減るなか、不動産の賃貸収入を得て店舗網を維持する狙いだ。

築50年超の同支店を複合ビルに建て替えた。京都市の繁華街に近く、清水寺などの観光地にもアクセスしやすい。ホテル椿山荘東京などを運営する藤田観光が7月30日にホテルを開業する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン