/

滋賀の旅館ホテル組合、アメニティーのプラごみゼロ目標

滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合は11日、歯ブラシなどのアメニティー用品のプラスチックごみをゼロにするなど、2030年を目標とするSDGs(持続可能な開発目標)行動宣言を発表した。県産食材の使用率50%、宿泊単価の20%向上も盛る。琵琶湖を環境と観光の共生地とし、地域連携の取り組みを通じて選ばれる観光地を目指す。

プラごみゼロの取り組みでは提供する歯ブラシに非プラ製品を採用するほか、有料化や歯ブラシ持参の提案を段階的に実施する。現状では大規模な宿泊施設では年5トンのプラごみが発生しているという。食材は伝統の発酵食品であるふなずしなど、湖魚などの活用に取り組む。

森林セラピーやヨシ笛づくり体験、座禅、まち歩きなど地域に根ざしたアクティビティーも開発。付加価値を高めることで個々の宿泊施設の宿泊単価引き上げにつなげる。

同組合は加盟する181施設に呼びかけて全県的に広げる。11日は代表者らが三日月大造知事に宣言の内容を報告。三日月知事は「宣言して終わりではなく、私も加わって(検証などを含めた)継続的な取り組みにしていきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン