/

大和ハウス、早期退職制度を拡充 45歳から対象に

大和ハウス工業は11日、早期退職制度を拡充すると発表した。2021年度は45~54歳の勤続10年以上の社員(子会社への出向含む)を対象とし、退職金に上乗せする特別加算金も増額する。従来は49歳と54歳の勤続15年以上の社員が対象だった。募集人数は設定しない。社員の年齢構成の不均衡を是正する。

早期退職の対象は全社員の25%にあたる約4300人にのぼる。募集期間は11日~9月10日、退職日は12月末の予定。同社担当者は対象拡大について「新型コロナウイルス禍の働き方の多様化で、社員一人ひとりの職業観に合った制度整備が必要になった」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン