/

この記事は会員限定です

水害に強い大阪へ着々 270万人守る2つの地下河川整備

万博へ変わる関西(4)

[有料会員限定]

今年3月、大阪市鶴見区と大阪府門真市を結ぶ地下に全長3.1キロメートルのトンネルが完成し、利用が始まった。人や車が通るのではなく、豪雨時に地下に雨水を流す「地下河川」と呼ばれる施設だ。大阪府は2044年の完成を目指し、寝屋川水系のある大阪府東部で2つの「地下河川」となるトンネルの建設を進めている。

「未来社会の実験場」を掲げる大阪・関西万博。災害に強く持続可能な社会の実現は万博の大きな理念の一つだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン