/

タイガー魔法瓶、炭酸飲料対応のボトル発売へ

タイガー魔法瓶(大阪府門真市)は11日、炭酸飲料に対応する真空断熱ボトルを21日に発売すると発表した。開栓時に炭酸ガスが抜けて、飲み物が噴きこぼれない構造を採用。ボトル内面も凹凸を少なくし、炭酸の気化を抑える。容量0.5~1.5リットルの4タイプで市場想定価格は6000~7500円。年間約10万本の販売を目指す。

一般の真空断熱ボトルに炭酸飲料を入れると、炭酸ガスによって内部の圧力が高まり、噴きこぼれたりキャップなどが破損したりする危険がある。タイガー魔法瓶はキャップを開ける際に炭酸ガスが抜ける機構を採用。加えてボトル内の圧力が異常に高まった場合、ガスが自動的に抜けるように安全弁も搭載した。内面に凹凸が多いと炭酸の気化が早まるため、滑らかにする加工を施した。

同社によると、新型コロナウイルス禍でのアウトドア人気などを背景に、ビールや炭酸飲料を持ち運びたいという需要が高まっているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン