/

濃厚接触者の自宅待機 大阪知事「短縮すべきだ」

大阪府の吉村洋文知事は11日、新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の濃厚接触者の「原則14日間」とする自宅待機期間について短縮すべきだと述べた。府庁内で記者団の取材に応じた。沖縄県では濃厚接触者に認定された医療従事者が出勤できずに医療が逼迫していると指摘し、「医療の提供ができなくなることは避けなくてはいけない」と主張した。

吉村氏は、濃厚接触者が14日間の自宅待機をすれば医療機関だけでなく、高齢者施設や保育施設、交通機関などで人手不足となり「社会インフラが止まる可能性が出てくる」とも述べた。オミクロン型は感染から発症までの潜伏期間が従来型より短いとの研究結果もあるとして、自宅待機を原則5日間とし、毎日検査を受けて陰性であれば出勤できるような仕組みが必要だと述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン