/

この記事は会員限定です

デジタルツインで脱炭素 日立は仮想空間に旗艦工場

[有料会員限定]

仮想空間に実物を再現する「デジタルツイン」を脱炭素に活用する動きが広がる。日立製作所は2024年度までに旗艦工場を再現して得たノウハウを、二酸化炭素(CO2)削減サービスに活用する目標だ。施設や都市を対象にした排出削減も進む。気候変動に歯止めをかけるにはあらゆる技術の導入が求められ、仮想空間の活用は有力な選択肢となる。

東京ドーム4個分に相当する約20万平方メートルの敷地をもつ日立の大みか事業所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2331文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません