/

この記事は会員限定です

精緻な塗り 人工真珠に珠玉の輝き ビジュアルで迫る現場

現場探究

(更新) [有料会員限定]

ミルク色をした液体の顔料に、直径1センチ未満の小さな玉を浸していく。木の枠に張られた糸に等間隔で並ぶ無数の玉。そこに職人の鋭いまなざしが注がれる。気泡は入っていないか、塗りむらはないか。注意深く観察しながら木の枠を引き揚げ、すぐさま乾燥棚へ。40度前後の温度でゆっくりと休ませ、さらに同じ工程を計10回ほど繰り返す。

【LBSローカルビジネスサテライトの動画をこちらに】
顔料塗り重ね本物の輝き 人工真珠、8割が大阪産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン