/

りそなG 関西主要拠点で再エネ導入

りそなグループは傘下のりそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行の本社など関西の主要3拠点で再生可能エネルギーによる電力を全面的に導入する。年間で減少を見込む二酸化炭素排出量約3000トンは、21万本の杉の木が1年間に吸収する二酸化炭素の量に相当する。対象はりそなグループ大阪本社ビル(大阪市)、みなと銀行本店ビル(神戸市)、関西みらい銀行びわこビル(大津市)。8月までに切り替える。その後も各行の支店を含め導入対象を拡大していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン