/

この記事は会員限定です

関空、地道にジャッキ上げ 地盤沈下から海上空港守る

とことん調査隊

[有料会員限定]

海上空港の関西国際空港は、1994年の開港直後から地盤沈下が続いている。その深さは第1ターミナルのある1期島で平均3.6メートル。何もしなければ水没しかねない状況だが、どんな対策をしているのだろうか。調べてみると、空港を支える様々な建設技術が垣間見えてきた。

まずは地盤沈下の原因について空港を運営する関西エアポートに聞いた。1期島の地下には平均で深さ約20メートルまで軟らかい粘土が堆積した「沖積...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン