/

この記事は会員限定です

障害の多様性、理解醸成を 谷垣禎一・元自民党総裁

関西のミカタ

[有料会員限定]

■自民党の元総裁で自転車好きとして知られた谷垣禎一さん(76)はサイクリング中の事故で頸髄(けいずい)を損傷した。下半身に重い障害が残り、生活には車いすや介助が必要だ。以前は「抽象的だった」という障害者についての認識は、当事者となって変わったという。

政治家時代はよく空き時間に自転車に乗って警護官には迷惑をかけた。事故を起こしたのは2016年の東京都知事選挙の時だ。当時は幹事長として、小池百合子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン