/

この記事は会員限定です

南都銀行、金利2%超 本業黒字化の陰にコロナ融資増

[有料会員限定]

南都銀行の損益が大幅に改善している。貸し出しと手数料ビジネスを合わせた顧客向けサービス業務損益を5年で黒字化させる目標を、わずか2年で2022年3月期に達成する。コスト削減以上に効いたのが、新型コロナウイルス禍での貸出金の増加に伴う思わぬ利益だ。今後返済が進む中で利益水準を維持できるか、持続性がカギになる。

「3年前倒しの達成を受けてさらなる高みを目指す」。橋本隆史頭取は21年12月、東京都内で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン