/

この記事は会員限定です

加速するクルマの進化、京都のものづくりが革新

[有料会員限定]

地球温暖化対策の柱となる「脱炭素」の流れを受け、電気自動車(EV)の普及が一気に加速している。一方ではドライバーがハンドルを握る必要のない自動運転技術の開発も激しい競り合いが続く。こうした変革期のまっただ中にある世界の自動車産業を京都のものづくり企業が支えている。

中国の自動車大手、浙江吉利控股集団が開発した高級EVブランド「ZEEKR」。米テスラへの対抗を目指す第1号モデルの中枢部品に日本電産の主力製品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2232文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン