/

この記事は会員限定です

夏の関西観光、京都はため息 白浜はにぎわいも

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染「第5波」が、関西の夏の観光に影を落としている。京都の中心部など都市部の宿泊施設や飲食店はキャンセルや休業が相次ぐ。和歌山県の白浜などリゾート地ではにぎわいがみられるが、先行きは不透明だ。

「お盆の週だけ少し予約が入っていたが、それも緊急事態宣言の(対象地域の)拡大でキャンセルが出ている」。京都市中心部にある「旅館こうろ」の北原達馬社長は肩を落とす。8月全体の宿泊稼働率は約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン