/

この記事は会員限定です

大阪中心部で広がる歩道 回遊性高め、にぎわい創出へ

[有料会員限定]

多くの観光客が見込まれる2025年の万国博覧会(大阪・関西万博)の開催を控え、大阪で歩行者空間を広げる街づくりが進んでいる。21年秋には繁華街・ミナミのターミナル駅を舞台に大規模な社会実験が実施され、交通への影響や空間の回遊性が検証された。自動車の交通量減やコロナ禍を背景に歩行者空間への注目は高まっており、新たなにぎわいの創出が模索されている。

「一休みできるのはいいね。きょうはどこのお店に行こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン