/

この記事は会員限定です

エレコム、最高益でもROE低下 課題は「高速」経営の先

松本晟

(更新) [有料会員限定]
<訂正>8月24日午前4時公開の「エレコム、最高益でもROE低下 課題は『高速』経営の先」の文中で、「萩原幸一郎氏」とあったのは「萩原幸一朗氏」の誤りでした。

デジタル周辺機器のエレコムが転機を迎えている。マウスやUSBメモリーなど国内シェアトップの製品を抱え、新型コロナウイルス禍に伴うテレワーク需要も追い風だ。だが、自己資本利益率(ROE)をみると、2021年3月期は15.7%と17年3月期の24.5%をピークに低下傾向が続いている。8期連続で連結純利益の過去最高が続いているのになぜか。稼いだキャッシュを有効活用できていない現状が浮かび上がる。

「2代目で業績...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン