/

この記事は会員限定です

日本電産、工作機械に最大1000億円投資 4年半で

[有料会員限定]

日本電産は2026年3月期までに工作機械分野に最大1000億円を投資する。欧米企業のM&A(合併・買収)や欧州・アジアでの工場建設に充当する方針だ。事業基盤を拡充し、工場の生産自動化などで高まる機器装置の需要をつかむ。

子会社で減速機などを手掛ける日本電産シンポ(京都府長岡京市)と、歯車の生産設備を扱う日本電産マシンツール(滋賀県栗東市)で一体的な成長戦略を打ち出す。両社合わせて26年3

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン