/

この記事は会員限定です

関西のデータ公開、京都が先行 観光やゴミ収集に活用

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西では京都府が自治体データを二次利用できるようにした「オープンデータ」活用で先行する。同府の全市町村がすでに公開しており、京都市などはトイレや自転車の利用場所を表示するアプリ開発で観光客の利便性向上を進める。奈良県や大阪府でも公開する自治体の割合が増加しており、ヘルスケアや子育て支援でのサービス充実につなげている。

「オープンデータを使ったアプリが2万人以上に使われた」。IT(情報技術)開発の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン