/

東北、土砂災害に厳重警戒続く 青森で記録的大雨

(更新)

停滞する前線の影響で東北を中心に特に11日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は10日、土砂災害や河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼びかけた。低地の浸水、落雷や竜巻などの激しい突風にも警戒が必要だ。

青森県では特に記録的な大雨となっている。気象庁によると、降り始めから10日までの総降水量は同県深浦町で340ミリ、弘前市280ミリ、青森市の酸ケ湯で230ミリ、秋田県八峰町で210ミリをそれぞれ超えた。

弘前市は発令していた最高の警戒レベル5に相当する避難情報「緊急安全確保」を10日に解除した。

前線は中国・華北から日本海を通って北日本(北海道・東北)に延び、今後1週間ほど停滞しそうだ。この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となっている。雨は11日以降も13日ごろにかけて断続的に降り続き、警報級に達する可能性があるとしている。

11日朝までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で、東北150ミリ、北海道100ミリ、北陸50ミリ。その後の24時間は東北や北海道100~150ミリ、北陸50~100ミリ。

一方、東北南部から西日本、奄美、沖縄はよく晴れて気温が上昇する見通し。気象庁は熱中症対策を呼びかけている。〔共同〕

最新の社会ニュース・コラム・調査報道

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン