/

この記事は会員限定です

大阪府、重症者対策強化 病床5割増・転院へ「司令塔」

[有料会員限定]

大阪府は新型コロナウイルスの重症者対策を強化する。9日、確保病床を現行の224床から5割増の350床とする新計画のほか、回復患者のスムーズな転院や退院を促す「司令塔」となる組織の新設を決めた。重症者が確保病床を大幅に上回った「第4波」の経験を踏まえ、感染の再拡大に備える狙いだ。危機的な病床逼迫に陥った大阪府の新たな対策は他の自治体の試金石ともなる。

「(医療提供体制は)第4波で極めて厳しい状況にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン