/

シャープ、立体型マスク発売 呼吸しやすく

シャープは立体構造の不織布マスクを発売した。六角形をベースとした立体構造で、口元の空間を確保して呼吸がしやすくなる上、口紅の付着や化粧崩れも抑えられるという。マスク外側の不織布に銀イオンの成分が配合されており、細菌増殖を抑制する。8日から自社の通販サイトで販売を始めたが、9日現在、売り切れ状態となっている。

発売したのは「シャープクリスタルマスク」。フィルターは4層構造となっており、ウイルス飛沫や花粉などの侵入を防ぐという。価格は5枚入りで699円(送料別)、15枚入りで1980円(送料無料)とした。月に1度15枚が届く「定期便サービス」(1880円、送料無料)も用意した。

シャープは2020年3月から三重工場(三重県多気町)でマスク生産を始めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン