/

がん狙い撃ち、粒子線治療が保険で身近に 兵庫の現場

LBSローカルビジネスサテライト

国民の多くがかかる「3大疾病」の一つ、がんの新たな治療法として期待を集めているのが粒子線治療だ。巨大な装置で微小な水素や炭素の原子核を加速して照射し、がんを狙い撃ちする。国内で唯一、2種類の粒子線治療を受けられる兵庫県立粒子線医療センター(同県たつの市)は2001年の開院以来、肝臓がんなどの患者を数多く治療した実績を持つ。先進医療の現場では診療放射線技師と医学物理士が綿密な計画を立案して治療に当たっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン