/

この記事は会員限定です

関西企業の夏ボーナス7%減、全国より悪く 電機は増額

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2021年夏のボーナス最終集計で、関西主要企業の平均支給額は20年比7.05%減の77万5398円だった。減少は3年連続で、全国(2.86%減)を上回る落ち込みとなった。新型コロナウイルス禍が長引き半分以上の企業が支給額を減らした一方、業績が好調な電機などで増額する動きも出た。

20年夏と比較できる99社を最終集計(6月29日時点)としてまとめた。減少率は20年の2.65%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン