/

この記事は会員限定です

大阪万博で新技術、次代にレガシーなるか 脱炭素や食材

迫る万博 自治体・企業動く(下)

[有料会員限定]

2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)では新しいモビリティーや脱炭素への取り組みなどで多くの新技術の披露が期待される。企業などの技術の開発も加速しており、関西の企業をはじめとして多くの提案や実験の動きが出てきた。万博で見せた成果を先の社会で活用できるかが焦点だ。

最先端技術で、持続可能なスマートモビリティー社会を構築する――。関西電力や大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)などは万博で電気自動車(E...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2025年 万博

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン