/

この記事は会員限定です

関西、若者就労に創意 有田みかん6次化や社会人野球で

データで読む地域再生

[有料会員限定]

人口減や担い手不足の地域に若者を呼び込み、産業振興に生かす取り組みは関西6府県にも広がる。和歌山県有田市のみかん農園は6次産業化で若者が続々と集まる企業に成長し、若手の経営参画意識の醸成に努める。兵庫県姫路市の建設会社は社会人野球チームとの連携で人材難を克服しようとしている。若手人材の活躍は地域経済の発展に欠かせない。

有田市東部の早和果樹園。7つのみかん農家で2000年に設立した同社は、04年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン