/

星出さん、地球に無事帰還 宇宙基地に半年滞在

(更新)

【ワシントン=共同】宇宙航空研究開発機構(JAXA)の星出彰彦さん(52)ら飛行士4人が米東部時間8日午後10時半(日本時間9日午後0時半)すぎ、半年余り滞在した国際宇宙ステーションから地球に無事帰還した。搭乗した米スペースXの宇宙船クルードラゴン2号機が南部フロリダ州沖のメキシコ湾に着水した。

回収船に引き揚げられた宇宙船の扉が開くと、星出さんは笑顔で手を振った。JAXAによると、4人の体調は良好。

宇宙船は8日午後2時すぎにステーションを出発すると約200メートル離れて1周し、外観を撮影しながら観察する「フライアラウンド」を実施。大気圏内でパラシュートを開いて減速すると、出発から約8時間半後、静かに着水した。

星出さんは4月、フロリダ州のケネディ宇宙センターからドラゴン2号機で出発。ステーションでは若田光一飛行士(58)に続く日本人2人目の船長を務めた。

滞在中は自身4度目の船外活動も行い、架台の取り付け作業などに携わった。船外活動は通算28時間17分に上り、日本人では最長。細胞が重力を感知する仕組みを調べるなど、数々の科学実験にも参加した。

宇宙船クルードラゴン 米航空宇宙局(NASA)の委託により米企業スペースXが開発した新型の有人宇宙船。全長8.1メートル、直径4メートルで、飛行士が乗り込む円すい状の居住スペースと円柱状の貨物スペースからなる。部品を交換すれば繰り返し使える。標準は4人乗りで、最大7人まで乗船することができる。2020年5月に初の有人飛行を果たした。日本人では野口聡一さんと星出彰彦さんが搭乗。21年9月には民間人だけの地球周回飛行も実現させた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン