/

この記事は会員限定です

障害者雇用に「奈良モデル」 県が中小とマッチング

[有料会員限定]

関西で障害者の就労や定着を支援する専門人材の育成・派遣など、独自の施策を打ち出す自治体が目立っている。都道府県別の障害者雇用率で全国1位となった奈良県では、中小企業が率先して障害者を受け入れ、官民トップが雇用促進を議論するなど多面的な取り組みが実を結んでいる。

データで読む地域再生

柿や梅の産地として知られる奈良県五條市。9月初め、青果物販売や加工品製造を手掛けるパンドラファームグループの事務所を障害のある40代男性が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン